前撮りでは結婚式当日とは違う衣装がよく選ばれている

結婚式の当日には、カメラマンにスナップ写真の撮影を依頼する人は多いことでしょう。しかしそれに加えて、式より前の時期に結婚の記念写真を撮影しておく、という人は少なくありません。結婚式はウェディングドレスや白無垢などの特別な婚礼衣装を着ることができる機会です。多くの人にとって人生の中でも、そう何度もあることではないでしょう。せっかくの機会を活かし、色々な衣装を着てみたいと考える人もいます。そのため結婚式の前撮り写真には、当日と違う衣装が選ばれる傾向にあります。

挙式当日はウェディングドレスを着て教会式を挙げる場合には、和装の前撮りが人気。また当日神前式で白無垢を着る人には、ウェディングドレスや色打掛が人気です。

2パターン以上の衣装で前撮りする人も

当日がウェディングドレスなら前撮りは和装、当日が和装なら前撮りはウェディングドレスなど、当日と違った衣装が前撮りではよく選ばれていますが、中には「色打掛と白無垢のどちらも着たいので選べない」という人もいるでしょう。もちろん前撮りは必ずしも1着でなくてはならないものではありません。どれか1着を選んで着る人が多いものの、中には「白無垢と色打掛」「ウェディングドレスとカラードレス」というように2パターンの写真撮影をする人もいます。

また「ウェディングドレスとカラードレス・色打掛」というような組み合わせで、3着以上を着て楽しんでいる人もいます。金銭的に余裕があり、どれも着たいなら、それぞれで写真撮影するのも楽しいものです。